女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 3巻

ComicFesta:女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。Ver.2.ver1.2.1

2巻 あらすじ

相川壮介と清水の同棲生活の初日。清水の寝相の悪さから壮介の布団へ。

我慢できなくなった壮介は清水を襲います。

ComicFesta:女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。Ver.2.ver1.2.1

そのことで気まづくなった2人。えっちなことを自粛しようとしていたところに

丹生が壮介に夜這いをかけにきます。清水の寝ている横で無事にえっちを

終えたと思いきや、丹生の下着が清水に見つかり・・・

ComicFesta:女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。Ver.2.ver1.2.1

 ↑無料試し読みは画像をクリック↑

3巻

丹生の下着が置いてあることに激怒する清水。

そこに丹生が部屋に訪れてきます。

出迎え用とした清水は部屋の布団で滑ると壮介とともに倒れます。

その時、シャツを留めていたボタンがはじけ、清水の胸があらわに・・・。

この状況を見られるとやばいと考えて2人は押し入れに隠れます。

丹生は2人がいないと思い、部屋に入り下着を探しに入ります。

押し入れの中で興奮する清水をなんとかとめようと壮介は清水にキスをします。

狭い押入れ、顕になった清水の乳首が壮介の腕に擦れると清水はえっちな気分に・・・。

その様子に気づいた壮介はさらにヒートアップ!

感じる清水は押し入れの戸を蹴ってしまう。

物音に気づいた丹生。見つかるかと思ったとき、機転をきかせた壮介は

下着を戸の隙間から出すと、安堵した丹生は部屋を出ます。

押し入れの中では密着したままの2人。出ようとした清水を壮介は止めます。

「だいぶ濡れてますよ。お互いどうにかしたほうがいいでしょ?」

「擦り合わせるだけです。」

「自分で股開いてください。じゃないと挿れますよ。」

半ば強引に責める壮介。

「ずるいわ。相川くん・・・。」 ←たまりません・・・!!!

ComicFesta:女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。Ver.2.ver1.2.1↑無料試し読みは画像をクリック↑

声が出ると近所にバレることを心配する清水。

手は足を抑えているため使えない・・・清水のとった行動は

「相川くん、声出ちゃうから・・・キスして・・・!」

清水のおねだりに壮介はさらに興奮。わざと清水をいじめると、清水は涙目に。

その姿に壮介はさらに勢いづき、清水もつられて・・・

壮介のものでお腹の上が汚れた清水は怒りながらお風呂へ。

風呂場では丹生が先にシャワーを浴びていたところに、清水は思いがけない提案。

バイトから帰ってきた壮介の前に待ち受ける2人。

「相川くんにえっちなことをされないために3人で住みましょう!」

清水から驚きの提案に壮介はげっそり!!

しかし、清水も丹生も思っていることは

「壮介を渡さない!」

3人のさらなるえっちな!?同棲生活が幕を開けます。

ご興味のある方は無料で試し読みできますので読んでみてください。

無料試し読みはこちらからどうぞ!!  

 

[コミックシーモア]女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。↑無料試し読みは画像をクリックしてください↑

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。2巻

ComicFesta:女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。Ver.2.ver1.2.1

あらすじ

ボロアパートに住む相川壮介のもとに2階の住人に丹生が落ちてきます。

 

落ちた先は偶然にも壮介の息子。[コミックシーモア]女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

 

 ↑無料試し読みは画像をクリック↑

そのままSEXしてしまう2人。そこに大家の清水に見られ、丹生を気づかった(!?)

清水は壮介と同棲することに!!

同じ部屋で寝ている壮介に寝相の悪い清水が壮介の布団の中に・・・

 

2巻

ComicFesta:女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。Ver.2.ver1.2.1

寝相の悪い清水は壮介の布団の中に入ってきます。

バレたらまずいことをしりながら我慢のできなくなった壮介は清水に優しく襲いかかります。

夢見心地の中でどんどん気持ちよくなっていく清水。

壮介のテクニックの前にメロメロに♪

ふと我に返り、壮介を突き放し気まずいムードに。

翌朝、境界線を引かれエッチなことを自粛しようと考えていた壮介。

その夜、穴のあいている2階から丹生が降りてきます。

「昨日のえっちが忘れられないの・・・」

自粛を考えて戸惑う壮介。

「やっぱり、だめ・・・?」

ComicFesta:女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。Ver.2.ver1.2.1

↑無料試し読みは画像をクリック↑

 

清水が隣で寝ている横でえっち。

清水の寝言に、寝返りにドキドキしながら声を押し殺しながら・・・

2人のえっちがたまらなくそそられます。

えっちを終えたあとに丹生から

「また今夜みたいに来てもいい?」 ←この時の丹生の顔が可愛い♪

翌朝、何事もなく起きる清水。バレていないと安心していた壮介。

布団を片付けようとした清水の前に丹生の下着が・・・

 

ご興味のある方は無料で試し読みできますので読んでみてください。

無料試し読みはこちらからどうぞ!!

 

ComicFesta:女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。Ver.2.ver1.2.1

↑無料試し読みは画像をクリックしてください↑

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 1巻

ComicFesta:女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。Ver.2.ver1.2.1

相川壮介は高卒のフリーター。バイト先でこき使われて毎日ヘロヘロ。

 

そんな疲れを癒してくれる人がアパート大家の清水由紀。

少し年上ですが、若くて綺麗な女性。

ある夜、上の階の物音が響き、イライラした壮介は2階の住人に文句を言いに行きます。

可愛いルックスに薄着の丹生。

彼女にドキっとしながら 可愛さゆえにすぐに帰ります。

部屋に戻っても物音は続きます。
丹生の薄着、ちらりと見えた乳首からえっちな妄想をし、
右手は股間をいじり始める壮介。

その時、

スドンっという音ともに床が抜け、落ちてくる丹生。

「こんなことって・・・」
焦りながら持ち上げようとするが、滑って股間に口がいく。
動揺し暴れる丹生。
すると、床が完全に抜けてしまう・・・。

「ズブっ!!!!」

「えっ!!!」

 

[コミックシーモア]女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

↑無料試し読みは画像をクリックしてください↑

落ちた時の衝撃で壮介の息子の先っぽが丹生の中に・・・

オナニーしていた壮介は願ってもいないシチュエーション。
腰を動かしハメていきます。

最初は抵抗していた丹生もおっぱいをなめられると

どんどん興奮。自ら腰を動かしていく。

二人のボルテージもMAX。

そんな時、大きな物音がして驚いた由紀が様子を見に行くと、絶頂時を目撃・・・

走って逃げ出す由紀ですが、修理のために再度由紀に事情を聞かれる二人。

付き合ってもいない二人のことを考慮してか驚きの発言。

「修理までのあいだは私がこの家に泊まります。」

「えっ!?」

思わぬ形での同棲生活・・・

「大家さんとも・・・・?」
想像をさらにかきたててくれるストーリーがこのあとも待っています。

ComicFesta:女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。.ver1.2.1

↑ 無料試し読みは画像をクリック ↑

ご興味のある方はぜひご覧になってください。楽しめます♪

無料試し読みはこちらからどうぞ!!

 

 ↑ 無料試し読みは画像をクリック ↑