【八月薫】お江戸でエッチします 3巻 ネタバレ・感想

お江戸でエッチします

売れないアイドル理沙がひょんなことから江戸時代にタイムスリップ。

吉原で江戸時代の男たちとえっちがたまらなく気持ちよくて

そのまま江戸で住んじゃいました。

無料試し読みはこちらから

~ネタバレ~
すっかり吉原の生活に慣れた理沙。
隙間から見える他人のエッチに興奮してしま、
部屋でこっそりオナニーをする。
そんな時、天才エロ学者武田雲斎が部屋に入ってきた。
武田はなにやら書物を数冊だし、理沙に説明しながら行為を行っていく。

初めての体位やプレーにどんどん感じていく理沙。
やがて、ほかの男も一緒になってあんなプレーも・・・

ああああ~~~

今回も理沙の感じまくる声が響きます。

あの体位の時に弾ける理沙をご覧になってみてください。

お江戸でエッチしますはこちらから

 

 

 

【江戸の男はエロかった】お江戸でエッチします ネタバレ・感想

お江戸でエッチします

アイドルを目指している巨乳タレントの小町理沙。

20歳をすぎてもなかなか目が出ないことを不安に思い、

有名女占い師・東雲紅蘭の元を尋ねる。

未来占いの水晶玉に映ったものはなんと江戸時代・・・!?

無料試し読みはこちらから

~ネタバレ~

もうハダカしかないんです!!

いくら頑張ってもアイドルになれず、せいぜいメイドの格好をしたアシスタント役。

未来に不安を感じた理沙は事務所からAVに転校するよう言われていた。

AV女優になることは抵抗ない理沙。(抵抗ないんかい・・・!!)

AVになっても活躍できるのかを占い師に調べてもらうことに。

有名占い師東雲紅蘭の水晶の前に移し出されたのはなぜか江戸時代の様子。

あんたにはとんでもない未来が待っている・・・

そう告げられ、半信半疑の理沙。

マネージャーから有名AVになるために練習だ!

野外でパンティをずらしてお尻を突き出し、待ち構える。

いざ・・・

そんな時、突如光に吸い込まれていく理沙。

気が付くとそこは、江戸時代の吉原にタイムスリップ。

江戸時代の男たちは現代の男たちよりもエロかった!?

人気漫画家の八月薫さんの作品。

エッチの時の表情、仕草、感じ方に

とても興奮させられました♪

見たらトイレが近くなるかもしれません(笑)

お江戸でエッチしますはこちらから